バンパー交換?3~5万円でなおるかも!

車のバンパーの修理費用は?
修理の場合だとおおよそ1~7万円程度で修復が可能です。(技術力にもよります。)
軽度の損傷(例えば5cm四方程度のへこみ程度)であれば

修理代も安くなり1~3万円程度や相場よりも安くなります。
また、リアバンパーはフロントバンパー3~6万円なのに対し、

5~7万円と多少高くなり、軽自動車の交換の場合は多少安くなります。

料金の内訳としては大半が技術料となっています。

車のバンパーの交換費用は?
通常、車のバンパー本体価格は5万円以上するため、

部品代に交換工賃等を合わせると8~10万円となります。

バンパーの価格としては、車種や新品か中古かで変わります。
もちろん、車体価格が高ければ高いほど交換用の

バンパーの価格も高額になります。
外車や海外からバンパーを供給する場合も高額になります。

軽自動車(新車のバンパーの場合)

3万円前後、普通車であれば4~6万円程度になります。
フロントバンパーの場合5~8万円、

リアバンパーの場合8~10万円となっています。

工賃の内容としてバンパーについている

フォグランプやセンサーの脱着作業や、

バンパーに穴を開ける加工なども含まれています。
交換費用の内訳としてはバンパー、

交換工賃、取付付属部品、消費税、代車費用となります。

そのため、工賃が安くなる軽自動車でも

最低5万円の出費は必要になります。
しかし、バンパーを持ち込めば最低でも

5万円以上削減されるため、費用としては3~5万円になります。

場合によってはバンパーに色がついていない場合、

必要なセンサー類の穴が空いていない場合、

塗装や加工を行う場合は価格が高くなる可能性があります。

特にエアロをつける場合、

センサーがついている場合は価格が高くなるでしょう。

また、衝突軽減ブレーキなどの予防安全技術や

駐車サポート機能、ドライバーの運転アシストがある車の場合は

センサーやカメラが設置されているため

それらの調節を行うエーミング作業が必須となります。

さらに、エーミング作業はどこでも依頼ができるわけではなく、

専門知識を持った整備員がいなければ対応できません。

バンパーに色がついていない場合
バンパーに色がついていないのには理由があり、

車の製造日・経過年数・劣化具合・車両状態によって、

微妙に色が異なるからです。

やはり、色が少しでも違うと陽に当たった時など

しっくりこないでしょう。
塗装代は3~5万円が相場になります。

車のバンパーの交換期間
バンパーの交換のみで、他に修理する箇所がない場合

交換時間は1時間〜2時間程度となります。
一般的にバンパーの在庫を持っている業者は少なく、

取り寄せる必要があり、車種や年式により変わりますが、

年式が新しい車であれば入荷まで2、3日程度となります。

交換作業を含めても1~2週間など待たされることはありません。

車両保険の種類と保障内容を照らし合わせ
次の車のバンパーの修理・交換費用は

車両保険適用になるかどうかの話題になる前にまず、

バンパーの修理・交換費用が

車両保険の対象になるのかどうかそれぞれの保険と比較します。

一般型車両保険
過失による自損事故、当て逃げ、

イタズラ、盗難、災害など車の損害を幅広く補償するため、

バンパー修理・交換でも当てはまるでしょう。

ただ、保険料が高額で車種によっては年間10万円を超えることがあります。
あまり車の運転に自信がない方や高級車を購入した人にお勧めです。

エコノミー型車両保険
転覆・墜落、自転車との接触、

他車との衝突・接触、自然災害、自損事故や当て逃げは

補償の対象にならないため、

バンパー修理・交換の対応範囲が狭くなるでしょう。
一般型車両保険より3割近く保険料が安く、

車の運転に自信がある人にお勧めできます。

車のバンパーの修理・交換は保険適用になる?

バンパーの修理や交換は基本的に車両保険の対象に含まれます。
しかし、エコノミー型の車両保険の場合に

補償範囲外になったり、バンパー修理・交換前に

保険会社へ報告しなければ保険適用になりません。

また、保険会社に連絡すれば状況を判断し、

修理工場と修理代金を確定してくれます。

車のバンパー修理・交換 お得にする方法
バンパー修理で保険を使わない方が得する場合もあります。  

その中でも修理費用が5万円の場合、

保険の等級ダウンを考えると軽い損傷でも3等級はダウンするため、

その後のことを考えると自腹の方が安上がりになります。

もし、次に事故を起こしたりするとガクッと

等級が落ちる可能性もあるため多少痛い出費でも自腹の方がおすすめです。

特に国産車で部品交換がなければ5万円の

修理費用が超えることがありません。

また、保険に加入したばかりの場合

等級が低いため保険を使うのを避けた方が良いです。
等級が低いのにさらに等級を低くしてしまうと

等級を高くするまでに時間がかかり、

割り増しした保険料を払わなければいけません。
さらに、台風などの影響で等級が1等級低くなる

可能性もあるためよく考えて保険を利用することをお勧めします。

車のバンパー修理・交換の注意点
もし、バンパーにオプション装備や

社外エアロなどを取り付ける場合は、

新たにパーツ取り付けの加工が必要になる場合もあるため

そこまで費用がかかることを考えなければいけません。
また、バンパーの修理や交換に出している間に

代車のサービスがある場合とそうでない場合もあります。
仮に代車サービスがあったとしても有料になったりなど

その修理業社によって違うため事前に把握しておきましょう。

まとめ
実際バンパーの修理ではDIYでも可能ですが、

大きな破損などがある場合は難しいですし、リスクが伴います。

少しの傷などでもそこから劣化が激しくなり、

DIYでの補修ではなくしっかりと

修理をしておけば良かったということもあります。

車に詳しい人であればDIYでも大丈夫か

判断がつくかもしれませんが、

そうでない方は一度修理をしてくれる

業者に見てもらうことをおすすめします。

また、傷が問題ないと思っても、

車検に通らないこともあるためしっかりと確認しておきましょう。

さらに、バンパーの破損などがある場合に

保険適用になるのかどうか保険会社に素早く

電話をして確認をとり、

今後のことも考えてどのように対応するのか決めましょう。

お問い合わせ

  • 電話番号: 045-544-8112
  • お問い合わせ