持ち込みパーツを塗装取付依頼された料金参考と紹介例

持ち込みパーツ塗装取付のメリット
自分で安くパーツを購入し、
塗装取付の費用を安くすることができます。
最近では、パーツ自体をヤフオクで安く
出品されていることがあります。
また、友人などからパーツをもらうことで
パーツ代を浮かすこともできます。

エアロパーツの塗装取付の持ち込みでかかる料金
エアロパーツにより細かな価格変動があります。
その上で、アンダースポイラー程度の小さめの
エアロパーツ塗装で1個あたり
15,000円程度が相場となります。

また、大きなサイズのエアロパーツの場合
塗装費用だけで1個あたり25,000円〜40,000円程度となり、
車全体の4箇所にフルエアロを装着する場合
塗装費用だけで70,000円〜150,000円程度は必要です。

塗装後のエアロパーツ取り付けは1個当たり
8,000~15,000円程度、
車全体の4箇所フルエアロ取り付けの場合
30,000~70,000円程度になります。

そのため、塗装と取り付け費用で
100,000円〜170,000円となります。

持込パーツの塗装取付の注意点
これからご紹介することは作業を断られる可能性が
ありますので注意しておく必要があります。

まず、持込パーツに不備がないか、全て揃っているのかを
あらかじめ確認しなければ後々部品がかけていたことや
パーツがなくなっているなどのトラブルに繋がりかねません。
ただし、全ての店舗が対応しているわけではない
中には、店舗で購入したパーツのみ
塗装取り付けが可能、基本的に持ち込み可能でも
パーツの修理によって不可、
正規品以外受け付けない場合もあります。

持込をする場合は
事前に問い合わせをしておくと良いでしょう。

エアロパーツの塗装取付の持ち込みの流れ
業者選定
エアロパーツの塗装・取り付けは自動車工場や
自動車用品店にて依頼します。

まず、お店の選び方として、持込パーツ対応など
自分の要望に合うお店や施工実績のあるところを
検討する必要があるでしょう。

また、ネットがあるため複数の業者に
問い合わせて見積もりを出してもらった方が便利です。

地域の自動車工場などに依頼する場合は
鈑金程度しかできない業者でなく、専門知識があり、
エアロパーツ実績があるところがおすすめです。

ホンダ フィットGD3 左リアドア交換 左リアクォーターパネル鈑金塗装

フィットGD3 ブログを見る

依頼前準備
持ち込むエアロパーツですが、
自分で業者まで運んでも良いのですが運ぶのが大変ですので、
あらかじめ宅配便などで業者宛に配送してもらう方が便利です。
また、ネットでエアロパーツを購入した場合は
そのまま配送先を依頼する工場宛にすると送料を浮かせられます。

ネットでエアロパーツを注文した場合は、届くまで1ヶ月、
遅くて2~3ヶ月かかるため日程を把握して配送してもらうように
あらかじめ業者と打ち合わせするなどして工夫しましょう。

そして、実際にパーツが届いてから取り付け、
塗装するまで数週間かかる場合もあり、
エアロパーツの取り付け箇所が多く、
高度な技術が必要になる場合も仕上がるまでの期間が延びます。

さらに、持ち込むパーツが海外製品であれば
付属の取り扱い説明書を付けておくと、
お店としても見慣れないパーツだとしても
少しでも取り付けが楽になるでしょう。
海外パーツに限らず国産メーカーのパーツだとしても
説明書などの書類を渡しておくと親切でしょう。

https://www.g-kyoei.net/contents/1512/

お問い合わせ

  • 電話番号: 045-544-8112
  • お問い合わせ